HOME > 診療案内 > 歯周内科

診療案内

歯周内科

歯周内科治療とは

歯周病菌を薬で抑え、歯ぐきを改善する治療です。
歯周病の進行状況を、レントゲン、歯周ポケット検査を基に診断するとともに、 位相差顕微鏡で細菌の種類や数などを検査します。
歯周病菌が多いと判断された場合、お薬を使用した治療を行います。

歯周内科の治療法

①位相差顕微鏡による細菌の確認
②細菌除去のお薬の内服と水歯磨き剤(ぺリオバスター)の使用
③除菌後の歯石取り
sisyunaika.jpg 1週間ほどで、歯肉の腫れが改善し、歯の動揺も改善する患者さんも多いです。 従来のブラッシングや、手術中心の治療に比べ、歯周内科治療は楽に受けていただけます。
しっかり歯周治療のトレーニングを積んだ衛生士と治療にあたっています。

再発予防のために

歯周病は慢性的病気で、いったん改善しても再発しやすい病気です。
歯周病は細菌感染病なので、再感染には注意が必要です。 清潔なお口を心掛け、歯科医院での定期的検査を忘れないようにしていただきた いものです。

このページのトップへ