HOME > 診療案内 > インプラント

診療案内

インプラント

インプラントとは

当院では、インプラント(人工歯根療法)にも力を入れています。
インプラントは、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。
当院では、 他の歯に負担をかけることなく、健康な歯と同じように噛むことができます。

歯科医療の技術は日進月歩で、その中でもインプラントの技術の進展は需要の増大もあって、非常に急速です。
当院では、常に最新最良のインプラント治療をご提供できるよう努力しています。

インプラントは歯の機能回復と自然な美しさを取り戻します。
歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣の歯を削って土台とする「ブリッジ」や「総入れ歯」、金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。
しかし、これらの治療法は土台となる歯に負担がかかったり、違和感を感じたり、入れ歯が動いて不便を感じたりする場合があります。

また、歯が抜けたまま放っておくと、周囲の歯にも悪影響を及ぼし、抜けた部分の骨も次第にやせていきます。

インプラントは、こうした問題を解決する非常に効果の高い治療法です。
下図のように手術によって埋め込まれたインプラントは骨になじんでしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物を噛んだり、話したりでき、見た目も自然で、残っている歯にかかる影響も少ない治療方法です。

インプラントの治療行程

①レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療計画について、くわしくご説明します。

②歯が抜けたところへインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかり固定されるまで3~6ヶ月待ちます。

③しっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせて完了です。

④他の歯と同じように正しいブラッシングをこころがけ、半年に一度は検診を受けてください。
implant.gif インプラントの材質は人体に安全で 腐食しにくいチタンという金属です。


歯科インプラントの注意点

先日、NHKのクローズアップ現代でインプラントのトラブル急増、というテーマで放映がありました。 ゆうこう歯科では、10年ほど前から本格的にインプラント治療に取り組み、多くの患者様にインプラントを使ってもらっています 歯が無くなった部分に、両隣の歯を削ってブリッジにすることの抵抗感から、インプラント治療に、力を入れてきました。
ゆうこう歯科では、骨の条件の厳しい場合は、CT撮影をし、より正確な診断に心掛けてきましたし、自分の力量以上に症例は、御紹介するようにしてきました。 また、近未来オステオスインプラント学会に所属し、最新の情報もいち早くつかみ、インプラントの研修会も、実習コースを中心に受講し、研鑽を積み重ねています その分コストもかさみますし、一本当たりの治療費を抑えていますので、報道のようにはいかず、経営的にはあまりメリットが無いのが、正直なところです。
患者様の噛めるという笑顔のために、今後も技術向上しながら、インプラント治療に取り組んでまいります。
一方、義歯にも非常に良い点があります 義歯の技術向上にも積極的に取り組み、インプラントに負けない義歯を目指します。

ミラクルデンチャー誕生

軽く小さく、今までの入れ歯とは一味も二味も違うミラクルな義歯です 金属ワイヤーを使いませんので、見た目もスッキリ!快適な入れ歯です 一床10万円からの自費診療となりますが、インプラントとは違い、手術も有りませんよ!

デンタルインプラントについて
http://www.jmmc.jp/general/implant/index.html

デンタルインプラントってなに?
http://www.jmmc.jp/general/implant/index.html

患者さんの声
http://www.jmmc.jp/general/implant/voice.html

インプラントQandA
http://www.jmmc.jp/general/implant/qa.html

このページのトップへ